皮膚アレルギー症状の原因

水着の人

なぜ症状が起きるのか

湿疹や赤み、かぶれなどの症状があるアトピー性皮膚炎ですが、近年は子供だけでなく大人にも症状が現れる傾向にあります。原因は人が持つアレルギーですが、アトピー性皮膚炎につながるアレルギー物質は日常の中に多くあります。人によってどの物質がアレルギーとなるのかはまちまちで、ライフスタイルや年齢などでも異なる様です。よく指摘されるのが食物アレルギーで、大人は食べ物を原因とする症状は軽いと言われています。しかし、3歳未満の幼い子供や乳児の場合は食物アレルギーによって起こるアトピーの症状が大人よりも重いのが一般的です。消化器官が十分に育っていないためで、牛乳や卵白、大豆などの食品やそれらが含まれている食品などにアレルギーがあれば注意しましょう。アトピー性皮膚炎を引き起こしやすいアレルギー物質では、ハウスダストやカビが挙げられます。ハウスダストとは、埃にダニやダニの死骸・フンなどが混ざっているものです。埃自体がアレルギー物質ではありませんが、ダニなどのタンパク質が体内に取り込まれることで、体の免疫機能が働きアレルギー症状へとつながります。また、人間が皮膚に持っている常在菌のマセラチア真菌(皮膚のカビ)が原因になると近年では言われている様です。マセラチア真菌は皮脂が多く分泌される顔面や首などに多くいて、痒みなどの症状を引き起こします。特にアトピー患者の汗にマセラチア真菌が含まれていることで、ヒスタミンが多くなりアレルギー症状を引き起こす原因になる様です。アトピー患者は症状の原因となるアレルギー物質の他にも、肌に良い影響を与えない様々な添加物や化学成分も避けなければいけません。皮脂や乾燥もよくないので、スキンケア化粧品を使用して症状を悪化させない様に心掛けましょう。化粧品の中には添加物を含まない敏感肌用の製品もあるので、自分の肌に合ったものを使用してください。